dezadocument

ツイッター → https://twitter.com/dezao1996

1月(2020) お気に入り

1月にYouTubeSoundCloudで公開された曲の中から15曲選びました。

 

 

☆Moment Joon「TENO HIRA」 (Produced by NOAH)

思わず背筋が伸びる力強い一曲

Moment Joon - TENO HIRA - YouTube

 

・(sic)boy,KM「no.13 ghost」

今まで聴いたことがあるようなないような、独自の魅力がある

(sic)boy,KM - no.13 ghost - YouTube

 

☆梅田サイファー(KennyDoes,テークエム,KOPERU,R-指定,KZ,

ふぁんく,KBD,peko)「梅田ナイトフィーバー'19」 (Produced by peko)

曲もMVも梅田サイファー以外では絶対に成立しないバランス

KennyDoes,テークエム , KOPERU, R-指定, KZ, ふぁんく, KBD, peko - 梅田ナイトフィーバー’19(prod. peko)  - YouTube

 

・Awich「Open It Up」 (Produced by Baauer)

ラッパーとしてのフィジカルの強さが異常

Awich - Open It Up (Prod. Baauer) - YouTube

 

chelmico「Easy Breezy」 (Produced by Ryo Takahashi)

RIP SLYMEなき後のシーンを担う覚悟を感じる一曲

chelmico「Easy Breezy」【Official Music Video】 - YouTube

 

・VaVa「Biscuit」 (Produced by Khwezi)

アコースティックな音にも自然に馴染むVaVaの声の魅力

VaVa - Biscuit (Music Video) - YouTube

 

・ONENESS x GREEN ASSASSIN DOLLAR「シザーハンズ (Remix)」 (Produced by MVTEN)

フックのワードセンスが秀逸

ONENESS x GREEN ASSASSIN DOLLAR - シザーハンズ (remix) - YouTube

 

・切刃「7DIMENSION feat. Disry, NAGAHIDE, 禅, MuKuRo, ALEX, yasai」 (Produced by KI-1)

一人一人のヴァースの短さを感じさせないほどに濃密なマイクリレー

切刃 / 7DIMENSION feat. Disry, NAGAHIDE, 禅, MuKuRo, ALEX, yasai (Prod. KI-1) - YouTube

 

・Neibiss「Heaven」 (Produced by kaisei)

ゆるいラップの中にリリシズムが光る

Neibiss/Heaven(Music Video) - YouTube

 

・Jambo Lacquer & Olive Oil「SKY」

2人の音楽にもっと浸っていたい、つまりアルバムが聴きたい

Jambo Lacquer & Olive Oil / SKY - YouTube

 

・ERA「Rolling Stone」 (Produced by GREEN ASSASSIN DOLLAR)

独特ののっぺりとしたラップにヒップホップの旨みが詰まってる

ERA - Rolling Stone (BLACK FILE exclusive MV "NEIGHBORHOOD") - YouTube

 

・Before Sleepin' Shower「ALWAYS」 (Produced by eddiee)

クルーの空気感と、それを際立たせるハイセンスなMVが良い

Before Sleepin' Shower / ALWAYS (Official Music Video) - YouTube

 

・Catarrh Nisin「Remember Me」

3月にアルバムリリースを控えたグライムラッパーの、キレキレのラップが炸裂した新曲

Remember Me (Beat : Stimpy - Remember Me) by Catarrh Nisin | Free Listening on SoundCloud

 

・Sub「Sunday Freestyle」

間違いなくこれから広く活躍することになるラッパー

"Sunday Freestyle" - Sub (Beat by GradisNice) by Sub | Sub Sesame | Free Listening on SoundCloud

 

☆寝坊主 x yoo! x 燻「Auto」 (Produced by Jody)

駆け抜けるような3人のラップが痛快

寝坊主 x yoo! x 燻 - Auto(prod.Jody) by BirthBySleep | Birth By Sleep | Free Listening on SoundCloud

 

 

 

 

(☆は特に好きな曲)

12月(2019) お気に入り

12月にYouTubeSoundCloudで公開された曲の中から15曲選びました。

 

 

・OZworld a.k.a. R'kuma「NINOKUNI feat. 唾奇」 (Produced by Howlin' Bear)

曲とMVセットでの世界観の構築が見事

OZworld a.k.a. R'kuma - NINOKUNI feat. 唾奇 (Prod. Howlin' Bear)【OZ's Parallel World】 - YouTube

 

・Ace the Chosen onE「Toughness feat. MuKuRo」 (Produced by ES-PLANT)

MuKuRoのフックが反則級

Ace the Chosen onE - Toughness feat. MuKuRo - YouTube

 

・Wiliwnka「64 Bras recorded in Tokyo」 (Produced by tofubeats)

他と比べて段違いに一つの曲として魅力的

Wilywnka - 64 Bars recorded in Tokyo|Red Bull Music - YouTube

 

・バブルソ「Goodbye CABIN」 (Produced by KazBuble)

チプルソのラップの音としての魅力を再確認

チプルソ & KazBubble asバブルソ【MV】/Goodbye CABIN - YouTube

 

☆Daichi Yamamoto「Let It Be feat. KID FRESINO」 (Produced by QUNIMUNE)

2人の軽快なフロウが耳に心地よい

Daichi Yamamoto " Let It Be Feat. Kid Fresino " Official Music Video - YouTube

 

☆Warbo「Hayate」 (Produced by Michita)

Michitaらしい叙情的なビートにWarboの無骨なラップがよく映える一曲

Warbo / Hayate (from Album "Pt.White") - YouTube

 

・RepYpurSelf「RUPIN」 (Produced by emxxiil)

ラフなスタンスが似合う

RepYourSelf - RUPIN (Prod by emxxlli) - YouTube

 

・NeVGrN「廻って」 (Produced by SHUN)

空音の次はNeVGrN

【Lyric video】NeVGrN / 廻って - YouTube

 

・Clickqnot&7AW「Interstellar ft. ONENESS (stz,MVTEN)」

ナチュラルにヒップホップを体現する三人のラップが粋

Interstellar ft.ONENESS (stz,MVTEN) / Clickqnot&7AW - YouTube

 

・Noizy「Uncut Raw」 (Produced by dhrma)

弱冠二十歳ながら堂々たる風格

Noizy - Uncut Raw (Officail Music Video) - YouTube

 

・ILL SWAG GAGA「oddBRED feat. peko & KennyDoes」 (Produced by peko)

聴いた者の頭の中に困惑を残す一曲

ILL SWAG GAGA-oddBRED feat.peko&KennyDoes(prod.peko)(Official Music Video) - YouTube

 

・LEX「STAR」 (Produced by Wxlfstealth)

アルバム冒頭の曲に相応しく、始まりの予感が尋常ではない

LEX - STAR (Music Video) - YouTube

 

・JJJ「flame」 (Produced by JJJ)

天才がまた開いた新境地

JJJ - flame (Prod by JJJ)【Official Music Video】 - YouTube

 

・Donatello「Hiza」 (Produced by AKI)

スキル面もさることながら、ウィットに富んだリリックが素晴らしい

Donatello - Hiza (Prod.by AKI) [Music Video] - YouTube

 

PUNPEE「Pride feat. ISSUGI」 (Produced by Nottz)

有無を言わさぬカッコよさ

PUNPEE - Pride feat. ISSUGI - YouTube

 

 

(☆は特に好きな曲)

11月(2019) お気に入り

11月にYouTubeSoundCloudで公開された曲の中から15曲選びました。

 

 

・Makino (ex.Slim Boy)「TIGHTROPE」 (Produced by JUN)

視覚と聴覚をフルに使って味わう作品

TIGHTROPE - YouTube

 

・Clickqnot & 7AW「From Dusk Till Dawn」

ずっと浸っていたくなる心地よい音楽

From Dusk Till Dawn / Clickqnot & 7AW - YouTube

 

・カミノシタ「Babe!Babe!Babe!」 (Produced by Shen2SnZ)

人情味溢れる一曲

【MV】Babe!Babe!Babe! / カミノシタ - YouTube

 

・MU-TON「Check My Style」 (Produced by LIBRO)

MU-TONのラップの、楽器としての魅力が光る

MU-TON - Check My Style (Official Music Video) - YouTube

 

AKIRA (NF Zessho x Arμ-2)「All Friends」

どこまでも真摯なリリックに胸打たれる

AKIRA (NF Zessho x Aru-2) "All Friends" (Official Video) - YouTube

 

・Answer to Remember「RUN feat. KID FRESINO」

軽快すぎるラップが圧巻

Answer to Remember 『RUN feat. KID FRESINO』MV - YouTube

 

・Shin Sakiura「More Life feat. Ryohu」

ラップとトラックのグルーヴ生まれる相乗効果が◎

Shin Sakiura / More Life feat. Ryohu (Official Music Video) - YouTube

 

・RhymeTube「SOH BLue feat. YUNGYU, FARMHOUSE」

この2人での曲がもっと聴きたいぐらい相性が良い

RhymeTube - SOH BLue feat. YUNGYU, FARMHOUSE - YouTube

 

CBS「All I Can Say」 (Produced by P's Undah Muhn Sisters)

ありふれた生活を豊かに彩る音楽

CBS - All I Can Say - YouTube

 

・owls (GREEN ASSASSIN DOLLAR & rkemishi)「encount feat. peedog」

2人が揃うと特別な魔力が漂う

owls (GREEN ASSASSIN DOLLAR & rkemishi) “encount” feat. peedog (Official Video) - YouTube

 

・CHINZA DOPENESS「64 Bars recorded in Tokyo」 (Produced by YamieZimmer)

神がかり的なラップの上手さ

CHINZA DOPENESS - 64 Bars recorded in Tokyo|Red Bull Music

 

☆Red Eye & OVER KILL (FUJI TRILL & KNUX)「POCKET (Remix) feat. Jin Dogg & D.O」

物騒なヒップホップの最高峰

Red Eye & OVER KILL (FUJI TRILL & KNUX - POCKET (Remix) Feat. Jin Dogg & D.O (Official Music Video)s://youtu.be

 

 ・Sweet William「休花 feat. Jambo Lacquer」

ヒーリング効果がある

休花 (feat. Jambo Lacquer) by Sweet William / SW | Free Listening on SoundCloud

 

・紫陽花「タイトルなしDEMO」

気持ちのこもったラップにこっちまで切なくなる

タイトルなし DEMO by 紫陽花 | Free Listening on SoundCloud

 

・MONJU「INCREDIBLE」 (Produced by 16FLIP)

いつかはリリースされるであろうアルバムへの期待が高まる一曲

INCREDIBLE - MONJU prod 16FLIP by Dogearrecords | Free Listening on SoundCloud

 

 

(☆は特に好きな曲)

10月(2019) お気に入り

10月にYouTubeSoundCloudで公開された曲の中から15曲選びました。

 

 

・DJ RYOW「KAKUGARI feat. SOCKS」

カッコよさと面白さの両立

DJ RYOW『KAKUGARI feat. SOCKS』【Music Video】 - YouTube

 

・Jambo Lacquer 'n' Olive Oil「TAKE ME」

ただの足し算じゃなくしっかり掛け算になっている良コラボ

Jambo Lacquer 'n' Olive Oil / TAKE ME - YouTube

 

☆ILL SWAG GAGA「ILL & SWAG」 (Produced by Co-La)

梅田サイファーの秘密兵器、遂に覚醒が始まった

ILL SWAG GAGA- ILL & SWAG (prod. Co-La)(Official Music Video) - YouTube

 

・HATE「Back Stage Classic feat. J'Da Skit, Mid-S」 (Produced by Leo Iwamura)

三者三様のB-BOYスタンス

【Official Music Video】Back Stage Classic feat. J'Da Skit, Mid-S/HATE (Prod.Leo Iwamura) - YouTube

 

・KANDYTOWN「Last Week」 (Produced by Neetz)

スタンスやムードはそのままに、KANDYTOWN流の今のヒップホップを提示してみせた一曲

KANDYTOWN「Last Week」 - YouTube

 

☆ONENESS x GREEN ASSASSIN DOLLAR「asagumo」

極上のヒップホップ

ONENESS x GREEN ASSASSIN DOLLAR - asagumo - YouTube

 

・R.D.N (BASE&RAITAMEN)「Sleepless Night」

BASEのヴァースが反則級

R.D.N(BASE&RAITAMEN) - Sleepless Night  - YouTube

 

SALU「KURT」 (Produced by SUNNY BOY / SALU)

客演では当たり続きだったが、SALU名義の曲では久しぶりにやられた。どんな形でアルバムに収まるのかが楽しみ

SALU「KURT」 - YouTube

 

・NeVGrN「Ro-la」 (Produced by GeminisAzul)

図抜けたセンスを持ったアーティスト2人の幸福な出会い

NeVGrN / "Ro-la" (prod.by Geminis Azul) - YouTube

 

・hyunis1000「khao nashi」 (Produced by DJ PANASONIC)

久石譲をサンプリングしたエモすぎるビートと、エモすぎないラップのバランスがナイス

hyunis1000 - khao nashi (Prod. DJ PANASONIC)  - YouTube

 

・LAF「Welcome To S Lounge feat. 仙人掌」

匠の技

 LAF / Welcome To S Lounge feat.仙人掌 - YouTube

 

唾奇「SHIBUYAMELTDOWN」 (Produced by 荒田洸  From WONK)

やはり唾奇には治安の悪いラップが似合う

唾奇 - SHIBUYAMELTDOWN - YouTube

 

・TORA-G × 呼煙魔「From The Bottom」

小細工も時代への迎合も一切ない、純粋にカッコいいヒップホップ

TORA-G × 呼煙魔 [ From The Bottom ] - YouTube

 

・¥ellow Bucks「MAZE feat. Shurkn Pap」

イケてる2人

¥ellow Bucks - “MAZE ” feat. Shurkn Pap (prod. by NARISK) [Official Video] - YouTube

 

・JOLNO「2 Sunflower」 (Produced by Aaron Beatz)

抜群のメロディーセンス

2 Sunflower(Prod. Aaron Beatz) by 𝐉‌𝐎‌𝐋‌𝐍‌𝐎 | Free Listening on SoundCloud

 

 

 

(☆は特に好きな曲)

2019 BEST ALBUMs について

2019 BEST ALBUMs In 日本語ラップ (Selected by dezao)

 

 

2Dcolvisで2019 BEST SONGs、2019 BEST ALBUMs、2015-2019 BEST ALBUMsを選出させていただきました。

2019 BEST SONGs In 日本語ラップ (Selected by dezao)

2019 BEST ALBUMs In 日本語ラップ (Selected by dezao)

2015-2019 BEST ALBUMs In 日本語ラップ (Selected by dezao

ここでは2019 BEST ALBUMsについて詳しく書きます。

 

 

#01:梅田サイファー『トラボルタカスタム』

 

f:id:dezadocument:20191231020823j:plain

 

 思えば快進撃は新年早々に始まっていた。1月3日に開催されたHOLE EARTH DRIVEというイベントで「マジでハイ」が初披露された際の"これはとてつもないことが起こるかもしれない...!"という予感は的中し、MVは驚異的な再生回数を記録した。また3rdアルバム『Never Get Old』は個性豊かなメンツがクルーの復権を懸け、それぞれのスタイルで本気のヴァースを残した意欲作だったが、ファンとしてはこのアルバムにはまだ重要なピースが欠けていると感じていた。それは他でもないテークエムの存在であった。だからこそ今作の表題曲「トラボルタカスタム」のMVを初めて見たときの高揚感は半端ではなく、今年は梅田サイファーの年だと確信した。

 そんな中リリースされた本作は極限まで高まった期待をゆうに超えてくる珠玉の一枚だった。8人全員のラップのポテンシャルがこれ以上ないほど高いレベルで結実していて、どこを切り取っても素晴らしいため語り始めるとキリがないが、特筆すべきはやはり今作で完全復帰を果たしたテークエム。彼の、曲の本質を誰よりも理解した上で曲のトーンやテーマによって声色とフロウを自在に使い分けるスタイルは各曲の魅力を数倍も増幅させている。5月にソロライブを見ることができたのが、そこで披露された新曲がまた観客の度肝を抜くもので、2020年は梅田サイファーとしてだけでなく、ソロのラッパーとしての活動にも期待したい。

 6曲31分のEPでありながらラップの楽しさ、カッコよさ、気持ちよさ、熱さ、面白さ、優しさ、その全てがギュッと詰まったフルアルバムと遜色がないほどの密度と充実度を誇る本作が今年のベスト。

 

 

#02:VaVa『VVORLD』

 

f:id:dezadocument:20191231020840j:plain

 

 昨年リリースした3枚のEPで期待値が上がりまくっていたVaVaの2ndアルバムだが、いざ聴いてみると内面に抱えていたネガティブな感情やオタク的な趣味への愛情といった自らのカッコ悪い部分をとことんさらけ出し、とびきりポップにチャーミングに、そしてエモーショナルに昇華してみせた大傑作だった。VaVaと好きな分野が一致するわけではないが、同じようにオタク趣味を抱えている人間として共感する部分は多いし、曲を通して以前から好きだったアーティストの内面に触れることができたという点でも自分にとって非常に大切な作品になった。また、彼自身がラッパーとして活躍するようになってからは意外と言及される機会が少ない気がするが、ビートメイカーとしての実力と音楽性の幅広さにも改めて驚かされた。

 ダークで無機質な印象があった1stとは180度雰囲気の違う作品であるにも関わらず、全く抵抗なく受け入れられたのは昨年リリースした3枚のEPで少しずつ収録曲を小出しにしていたためであり、どこまで計画的だったかは不明だが戦略としても見事だと感じた。

 

 

#03:OZworld a.k.a. R'kuma『OZWORLD』

 

f:id:dezadocument:20191231020911j:plain

 

 2015年頃から沖縄の若手ラッパーとして注目を集め高校生ラップ選手権での活躍も相まってラップには定評があったわけだが、そういった前知識は吹き飛ぶほどのインパクトがこのアルバムにはあった。勝因は何と言ってもHowlin' Bearとの出会い。OZworldのラップとHowlin' Bearのビートの相性がとにかく良く、お互いのポテンシャルを最大限まで引き出している。どの曲も最高にグルーヴィーで、ただ単にビートにラップが乗ったものというレベルを遥かに超え、新しい地平に到達している。8曲目まではアルバムの流れがスムーズで世界観の構築も見事。

 惜しむらくは9曲目から11曲目までがHowlin' Bearがプロデュースした曲ではないため、せっかく築き上げてきた世界観がここで崩れてしまうこと。どの曲も単体では良いのだが、8曲目までが完璧だっただけに何度聴いてもテンションが下がってしまう。また、その流れのままラストに向かってしまうため13曲目「NINOKUNI feat. 唾奇」の名曲っぷりもいまいち活かしきれてないように感じられる点も非常にもったいない。全体としてはあと一歩で名盤といったところだが、1stアルバムとしては十分すぎるほどの傑作。

  

 

#04:Karavi Roushi『清澄黒河』

 

f:id:dezadocument:20191231020925j:plain

 

 このアルバムのリリースが発表され、Aquadubが全曲のプロデュースを手掛けるという情報を聞いた時点では、同じくAquadubが全曲をプロデュースしKaravi Roushiも客演で参加していたNERO IMAIの1stアルバム『RETURN OF ACID KING』のようなドラッギーでアッパーな作風になるものとばかり思っていたが、今作を初めて聴いたときにその期待は裏切られた。もっと言えば軽く落胆した。このアルバムを覆うのはどちらかと言うとダウナーで、ひたすらに生温かい雰囲気だった。しかし、この落胆を抱えながら2周、3周と繰り返し再生するうちにこのアルバムの持つ生温かさ、不可解で掴みどころのないラップと終始同じ温度感を崩さないトラックがクセになり、みるみる中毒になった。一聴では魅力が分かりにくい取っ付きづらさやニートtokyoでの爆弾発言などに惑わされずどっぷり浸かってほしい一作。

 

 

#05:AFRO PARKER『Which Date Suites Best?』

 

f:id:dezadocument:20191231020948j:plain

 

 自分の中では今年一番のサプライズ。2ndアルバム『LIFE』の収録曲をYouTubeで視聴したときは、ラップの垢抜けさにどうしてもハマれずアルバムはスルーしていた。しかし2年半後にリリースされたこのEPにおける進化にはかなり驚いた。より洗練されたバンドサウンドと、垢抜けた印象はありつつもボンクラ感の強く残る2人のラップがいい塩梅でマッチしていて非常に耳馴染が良い。曲ごとのテーマが明確でサウンドアプローチにも個性があるため一曲一曲が魅力的に立っている上に、EP全体としても一貫性があるという理想的なバランスに仕上がっている。

 特に、最後に収録されている友人の結婚を祝う「Buddy」が本当に素晴らしい。前半は軽口やジョークを交えて茶化しつつも後半に向けて徐々に感情を高めていく構成が上手く、"不思議なんだけど なぜか分かんないよでも 口をついて出たのは おめでとうより先にありがとう"という普通なら絶対にクサくなってしまうようなラインもストレートに響く。素敵なウエディングソングとしてもっと広まってほしい一曲。

 

 

#06:踊Foot Works『GOKOH』

 

f:id:dezadocument:20191231021003j:plain

 

 2017年の1st EP『ODD FOOT WORKS』リリースを皮切りに、安易なカテゴライズを拒む独自の進化を遂げてきた踊Foot Worksの2ndアルバム。

 緩急自在に様々なフロウを使いこなすラップスキルと抜群のメロディーセンスを持つpecoriのボーカルと、生音を絶妙に活かしつつビートミュージック的なグルーヴを併せ持つトラックが複雑に絡み合って生まれる音楽は、決して難解になったりリスナーを置いてけぼりにすることもなく紛れもなくポップなのがまた凄い。ヒップホップ、ロック、R&B、ファンクなど色々なジャンルのフレーバーを吸収しつつ、そのジャンルに収まるのではなくあくまで"踊Foot Worksの音楽"として完成させるスタンスにはこのバンドならではの自由さを感じる。

 

 

#07:ILL SWAG GAGA『PEDIGREE』

 

f:id:dezadocument:20191231021018j:plain

 

 関西を中心に全国の骨のあるラッパーが多数参加した「独白Remix」のムーブメント。総勢94人がTwitter上で渾身のラップを披露し合った中で、個人的に一番だったのがILL SWAG GAGAのリミックスだった。64小節という企画のルールすら無視し、イントロからアウトロまで詰め込まれた熱すぎるヴァースにはかなりの衝撃を受けた。

 待望の1stアルバムとなる今作では時に痺れ、時に笑い、時に困惑し、時に胸が熱くなる類を見ないオリジナルな魅力溢れるラップが存分に堪能できる。正確に言い表すことはまだ到底出来そうにないが、ラップの技術的な巧さやリリックの完成度などの物差しだけでは決して測りきれない"何か"が確かにある。その"何か"の正体を知りたくてまたこのアルバムを再生するのである。

 

 

#08:Ganger『VISTA

 

f:id:dezadocument:20191231021032j:plain

 

 昨年リリースしたEP『Naghol』でジャンルをクロスオーバーした独自のスタイルを知らしめたGangerの1stフルアルバム。今作では将軍の予測不能なフロウ、MC林太郎のタイトにキメる二枚目なラップが進化したことに加え、様々なジャンルの音楽を濃縮して煮詰めたようなRATLAPのビートが加勢したことで純音楽的な快感がさらに増している。特に2曲目「BATISTA BOMB」は3人の化学反応が最良の形で結実した一曲で、音楽の持つ野蛮で原始的なエネルギーを思い起こされるような爆発力がある。

 

#09:BSC『JAPINO』

 

f:id:dezadocument:20191231021043j:plain

 

 今年のKANDYTOWNはリリースラッシュの一年だったと言える。クルーとしてはEPとアルバムを一作ずつ、Neetz、Gottz、IO、KEIJU、KIKUMARUがそれぞれソロ作をリリースした。正直に言えばその中でも本作に対する期待値はかなり低かったが、これがなかなかの傑作で一番繰り返し聴いている。クルーや他のメンバーがが意欲的にトレンドを消化してスタイルを変化させていく一方で、あえて90sのムードが色濃いオーセンティックなビートを選ぶスタンスには拘りが垣間見える。またクリスチャンである彼ならではの優しい目線に満ちた曲が続く後半は特に素晴らしく、クルーの精神面を支えるアニキ的な存在だというのも納得の包容力を感じる。

 

 

#10:SALU『GIFTED』

 

f:id:dezadocument:20191231021057j:plain

 

 近年の幅広い活躍、特に客演仕事での外さなさは目を見張るものがあったが、ソロアルバムとしては久々の当たり。自らのバックグラウンドを振り返り、ラッパーとしても一人の人間としても現在の自分が置かれている状況とじっくり向き合った上で吐き出されるリリックには、あくまでキャッチーさに重きを置いていた前2作とは異なり聴き終わった後にずっしりとした後味が残る。「生と死」のテーマが全編に散りばめられているためともすれば暗くなりそうなところを、持ち前の華のある歌声とポップセンスで重くなり過ぎないバランスで最後まで聴かせるあたりも流石の一言。ビジネス的な要請から収録せざるを得なかったのか、10曲目の「GOOD VIBES ONLY」がちょっと軽すぎて浮いている気もするが、そのマイナスを考慮しても十分に満足できる傑作。

 

 

#11:PETZ『COSMOS』

 

f:id:dezadocument:20191231021108j:plain

 

 今までも国内に留まらないグローバルな活動で注目を集めてきたPETZの待望のソロ作は、同じくYENTOWNからリリースされたAwichの『8』、kZmの『DIMENSION』に続きラッパーとしてのポテンシャルが遺憾なく発揮された高品質な1stアルバムになっている。Chaki Zuluがトータルプロデューサーを務めていることもあって一枚としての完成度は言わずもがな、海外のプロデューサーを多く起用しているためビートも正しく世界基準のクオリティ。そしてそれに完璧に応えるPETZのラップも柔軟ながら中毒性があり、絶妙な相乗効果を生んでいる。間違いなく2019年のヒップホップを代表する作品の一つ。

 

 

#12:dodo『importance』

 

f:id:dezadocument:20191231021118j:plain

 

 一時期表舞台からは姿を消していたが、2017年ごろから地道にシングルをリリースしリスナー層を拡大し続けてきたdodoが本格的なブレイクの直前にリリースした1stアルバム。後に発表し評判を呼んた「nothin」や「im」と比較するとより分かりやすいが、このアルバムを覆うのは曇りがかったムード。全体的にネガティブな感情を綴ったリリックは多いものの、メランコリックなビートと随所に散りばめられたユーモラスな言葉選びが絶妙なため、不思議なキャッチーさやチャーミングさがあり何度も聴きたくなる中毒性がある。

 シングルのリリースが活動の中心でアルバムというフォーマットに対するこだわりが強くないようにも思えるが、dodoの心境にどのような変化が訪れているかじっくり確かめる意味でもまとまった形でまた聴いてみたい。

 

 

#13:WILYWNKA『PAUSE』

 

f:id:dezadocument:20191231021128j:plain

 

 昨年リリースされた1stアルバム『SACULA』はラップの水準は高いものの曲としていささかキャッチーさに欠けるものが多い印象があったが、それから一年足らずで届けられたこの2ndアルバムで一気にWILIWNKAのアーティストとしての才覚が花開いた。ビート選びが抜群に良くなったこと、多くの客演参加やライブ経験のおかげか上手い具合にラップの肩の力が抜けたこと、旬の客演アーティストをバランスよく配置したことが功を奏して非常に風通しの良いアルバムに仕上がっている。同世代のラッパーの中では経験豊富ながらまだまだ若い彼がこの先どんな音楽を聴かせてくれるのかこれからも楽しみだ。

 

 

#14:MEGA-G『Re:BOOT』

 

f:id:dezadocument:20191231021340j:plain

 

    MEGA-Gの実に6年ぶりとなるソロアルバムは腕の確かなプロデューサー陣によるブーンバップを中心とした上質なビートに、ライミングで生まれるグルーヴと練り上げられたリリックで聴かせるラップが存分に堪能できるアルバム。古くからのリスナーの期待にも十二分に応える内容でありながら、前作からの6年の間に自分やシーンに起きた変化を曲に取り入れ、あらゆる面でしっかりアップデートしているのには本当に頭が下がる。キャリアの長いラッパーの新作として文句の付けようがない一枚。

 

 

#15:umenonaka (ex.Fuckin’G)『SOURCE(CD版)』

 

f:id:dezadocument:20191231021149j:plain

 

 今年最大のダークホース。RepYourSelfは次世代の東京のシーンを担うクルーとしてチェックしていたが、umenonakaのラップに注目することがなかった自分に呆れるほどこの作品にはやられた。リリース当初に本人が"ヤンキー映画のような作品"といった旨のツイートをしていたことが強く印象に残っているのだが、正にそういった魅力があり、荒々しさのあるフロウとその中に光る繊細なリリシズムや時折垣間見えるロマンティックな一面にたまらなく胸が熱くなる。また、後半の4曲にどことなく漂う儚さもヤンキー映画的であり、それがこのEPをまた一段と特別なものにしている。

 配信ではCD版に収録されている11曲のうち5曲がピックアップされているが、残りの4曲(あと2曲はインスト)も聴き逃してしまうのはあまりにも惜しい曲ばかりなので是非CDを手に取ってみてほしい。

 

 

9月(2019) お気に入り

9月にYouTubeSoundCloudで公開された曲の中から15曲選びました。

 

 

・dodo「im」 (Produced by dodo)

明るい内容なのにどこか切なさが漂っているのがdodoらしい

dodo - im - YouTube

 

・SHAKU「LAID BACK TO THE FUTURE feat. BASE, BES」 (Produced by MVTEN)

今はなき池袋BED(行ったことはない)のムードをパックしたような煙たい一曲

LAID BACK TO THE FUTURE / SHAKUfeat.BASE.BES - YouTube

 

・AFRO PARKER「Cauldron」

洗練された音と洗練され切ってないラップがいい塩梅

AFRO PARKER - Cauldron (Official Lyric Video) - YouTube

 

・MUTA「sutasuta」 (Produced by Question.SeQ)

無骨ながら思いが確かに伝わる一曲

Muta-sutasuta (prod.by Question.SeQ) - YouTube

 

☆Campanella「Douglas fir」 (Produced by Ramza)

超フレッシュ、しかも圧倒的な完成度

Campanella - Douglas fir (Prod by Ramza)【Official Music Video】 - YouTube

 

・ESME MORI「雲の芽 feat. basho」 (Produced by ESME MORI)

曲とMVセットで、日本語の響きや日本の原風景の美しさを改めて思い知らされる一曲

ESME MORI - 雲の芽 - YouTube

 

☆梅田サイファー(Kenny Does,ふぁんく,KZ,KBD,テークエム,KOPERU,peko,R-指定)「トラボルタカスタム feat. 鋼田テフロン」 (Produced by BACHLOGIC)

年明け早々に巨大なバズを生んだ「マジでハイ」に勝るとも劣らないスキル、リリック、キャラ立ち、バランス、フック、ビート、非の打ちどころがないマイクリレー

KennyDoes, ふぁんく, KZ, KBD, テークエム, KOPERU, peko, R-指定 / トラボルタカスタム ft. 鋼田テフロン(prod. BACHLOGIC) - YouTube

 

・田我流「Cola」 (Produced by VaVa)

パーソナルなリリックながら共感を誘われる

田我流 "Cola" (Produced by VaVa) - YouTube

 

・SHAMO × CAPTAIN AKIHABARA「RUNNIN'」

小気味良い言葉の連打

『RUNNIN'』 SHAMO × CAPTAIN AKIHABARA - YouTube

 

 

 ・JUBEE「Morning Dew」 (Produced by JUBEE)

ミクスチャーロックへの愛を独自に昇華した一曲

Morning Dew / JUBEE 【Official Video】 - YouTube

 

☆JNKMN「Jailbird」 (Produced by LostFace)

数々の苦悩を乗り越えてきたアーティストにしか出せない渋みと哀愁

JNKMN - Jailbird (Prod. LostFace) - YouTube

 

・WILYWNKA「PAUSE」 (Produced by NOAH)

WILYWNKAの今の充実が窺える一曲

WILYWNKA - PAUSE (Prod. NOAH) - YouTube

 

・PETZ「All Nigh Long」 (Produced by VOLT)

曲もファッションもMVも最高にイケてる

PETZ - All Night Long (Prod. VLOT) - YouTube

 

・WATT a.k.a. ヨッテルブッテル「DARE feat. HUNGER & ポチョムキン」 (Produced by WATT a.k.a. ヨッテルブッテル)

ラップもビートも全部気持ちのいいところに入ってきて爽快

WATT a.k.a. ヨッテルブッテル - "DARE (feat. HUNGER & ポチョムキン)" - YouTube

 

・bunTes「Open na ore」

余裕の超絶スキル

Open na ore by bunTes from BuzzBrats | Free Listening on SoundCloud

 

 

(☆は特に好きな曲)

8月(2019) お気に入り

8月にYouTubeSoundCloudで公開された曲の中から15曲選びました。

 

 

・Sweet William & Jinmenusagi「cheat」

タイトル通りの一曲

Sweet William & Jinmenusagi - cheat - YouTube

 

☆OMSB「波の歌」 (Produced by Hi'Spec)

自らのちっぽけさや不自由さを嘆きつつも、全てを呑みこんでこれからも進んでいくという覚悟に満ちた渾身の一曲

OMSB - 波の歌 - YouTube

 

・寝坊主「メルト」 (Produced by Ahmsad)

短いながらも病んだ世界観にグッと引き込まれる

寝坊主 / メルト (prod. Ahmsad) - YouTube

 

・KyonCeeAPartment「鎮国寺」

初のMVということでクルーの雰囲気がより鮮明になった。これからの動きが楽しみで仕方ない

KyonCeeAPartment -鎮国寺- (official MV) - YouTube

 

・NORIKIYO「What Do You Want?」 (Produced by kozhevnikov)

空族とスタジオ石のタッグによる見応え抜群すぎるMVが曲の魅力を何十倍にも増大させている。必見

【MV】NORIKIYO / What Do You Want? - YouTube

 

・NF Zessho「Sink into the Floor」 (Produced by NF Zessho)

間違いない、としか言いようがない

NF Zessho - Sink into the Floor(Prod. by NF Zessho) - YouTube

 

☆Daichi Yamamoto/ 釈迦坊主/ dodo/ Tohji「RASEN」 (Produced by VaVa)

旬なラッパー4人の勢いがこれでもかと炸裂したマイクリレー

Daichi Yamamoto/ 釈迦坊主 / dodo/ Tohji - RASEN|Red Bull Music - YouTube

 

・GeG「Merry Go Round feat. BASI, 唾奇, VIGORMAN and WILYWNKA」

何とも贅沢な気分に浸れる一曲

GeG / Merry Go Round feat.BASI,唾奇,VIGORMAN and WILYWNKA (Prod. GeG) - YouTube

 

・PETZ「CHROME HEARTS feat. Gab3 &kZm」 (Produced by star boy & Chaki Zulu)

待ちに待った1stアルバムから、とびきりキャッチーな一曲

PETZ - CHROME HEARTS feat. Gab3 & kZm (Prod. star boy & Chaki Zulu) - YouTube

 

 ・Jambo Lacquer「LIGHT feat. チプルソ」 (Produced by BomJa Break)

ライトはライトでも人工的なものではなく温かな自然光のように穏やかな一曲

Jambo Lacquer "LIGHT" feat. チプルソ【MV】 - YouTube

 

・WILYWNKA「Return Of The Rap」 (Produced by NOAH)

こんなにシンプルなビートでもカッコいいってことはマジもん

WILYWNKA - Return Of The Rap (Prod. NOAH) - YouTube

 

・VaVa「My Artist」 (Produced by VaVa)

VaVaのことがより好きになる一曲

VaVa - My Artist - YouTube

 

・fox4G, LEX「Sides」 (Produced by HYPEWRLD / Blackmayo)

2人ともまだ17歳というのが信じられない。未来は明るい

Sides - fox4G, LEX - YouTube

 

☆n.a.b.e.p.o.t.a.t.o.「Fiction feat. 無雲」

ビート、メロディ、声のコントラスト、全てがバランス良く溶け合った極上のサマーチューン

Fiction feat.無雲 by _nabepotato_ | Nabepotato | Free Listening on SoundCloud

 

・紫陽花「Ramune girl」

ポップセンスが遺憾なく発揮された爽やかなサマーチューン

Ramune girl by 紫陽花 | Free Listening on SoundCloud

 

 

(☆は特に好きな曲)